土地寄進と浄財寄進のお願い

現代社会では独り身の老後の方が多くなられます。その中でご自身やご家族のご葬儀ご納骨への不安心配などをお持ちの方もいらっしゃると思います。
そのような方々のために、当山住職は以前より檀家信者に関わらず入れる合祀墓(五輪塔四十九院型)の建立を考えておりました。
また真言宗寺院として護摩供を行える設備を整えたいとも念願しておりました。
この度、法人化に際しましてお寺として、法人として土地の所有が可能になりました。
土地、空き家などにおいて生前に理由があるもの、また遺産相続などで空いた土地建物などがありましたら、宗教法人浄蓮寺、お寺へご寄付いただけますようお願い申し上げます。
ご寄付の際に、合祀墓、護摩堂に使用できないような事由がある土地建物の場合でも、修行等に使わせていただきます。

また、同時に本堂・護摩堂・合祀墓建立等の資金に関しましてもご寄付をお願い申し上げます。領収書が必要な方はご連絡いただければ宗教法人として領収書をお渡しいたします。